皆様のお蔭で、2017年の2月12日で、ホームページ開設20周年を迎えました。

HP「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」を開始したのが、1997年2月12日でした。
なんとも、長い間やってきたものだなと感慨もひとしおです。32歳から始めて、20歳も歳をとってしまったよ。(^_^)

開設時の1997年は、インターネットが本格的に普及し出した年でした。インターネット普及率9.2%の時代。
その前年1996年に「Yahoo! JAPAN」がサービスを開始しています。インターネット普及率は3.3%。
黎明期といっていいと思います。
だから、いまだに古臭いデザインのページが残っているんですね(笑)
(ちなみに、最近の、といっても2013年時点のインターネット普及率は82.8%)

        ※        ※        ※

私がホームページでの活動を始めたのは、10代の頃に、母の自殺に遭い、死別の悲しみの凍えるようなつらさを体験していたことが原点です。
涙が出なくなった30代になって、同じ悲しみを持つ人を慰める言葉をいくらでも紡ぎだせることに気づいて、それを書き留めたものが、「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」です。

その後に紡ぎ出した言葉は、ミニエッセイ [死別と癒し]などに引き継ぎ、そのほかのコンテンツも少しずつ広げています。

これが私の天命だと思って、ずっと一人で無償でやっています(アマゾンなどのアフィリエイトも一応ありますが、これは通信費さえも出ません)。

母が天国で誰かに感謝されるかも知れないという気持ちもあるので、母の死の償いの意味もあるのかも知れません。
まあ、単純な理由としては、自分で書くとアレなのですが、人の役に立つのが好きなんです。困っている人を助けることこそ、人生でいちばん価値のあることだと。

おととし、ずっと勤めていた会社を辞めて独立したのも、ホームページを充実させるための時間を取れるようになることを目ざしたものです(正直、窮屈になっていく会社生活に見切りをつけたという面もあるのだけど)。

ただ、独立当初とは考えを変えた部分があります。
有料メールマガジンやカウンセリングを収入の柱のひとつにしようと考えていたのですが、それだとビジネスで働いているに過ぎなくなってしまうということに次第に気づいて、いまは、もう一つの柱と考えていたホームページの活動とは無関係な分野で収入を得ようとしています。

最近は、もうひとつの分野で収入を得るだけの技術を身に着けるために、毎日夜遅くまで格闘している日々です。最近のホームページの更新回数が落ちてしまっているのは、そこに原因があります。

私が独立したことでコンテンツが増えるのではないかと期待させてしまった読者の方には申し訳なく思っています。申し訳ありません。有料メルマガも当面は発行予定はありません。
人助けをしたいと願っていても、自分がまず路頭に迷わないようにしないといけないので、ジレンマを感じつつも、しばらくは堅忍の日々を過ごすことになります。

いまは、うまく時間を使えるように生活をコントロールして、ホームページやブログの更新も増やせる方向にいくように努力しているところです。
最近、特に規律正しく生きることに力を入れており、例えば、ここ数か月きちんと、「毎日」体力維持の複数の運動をできるようになったのは、私の人生で初めてのことです。

今後のホームページの発展のためにも、少しずつでも、すべて良い方向に行くように頑張っていきたいと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。