おせちの黒豆

お正月の準備中です。

おせちコーナーに行くと、かまぼこ、伊達巻、栗きんとんなどが売っているわけなのですが、そこで箱入りで売っている黒豆って高いですよね?

だって、お惣菜コーナーにあるパウチのふじっ子の黒豆を買えば半額以下ですよ。
どさくさにまぎれて、高いものを売っているような気がする。(〟-_・)ン

ふじっ子 おまめさん 丹波黒黒豆 140g ×10個セット

ふじっ子 おまめさん 丹波黒黒豆 140g










 ※リンクは単に画像が欲しかったので張ってあるだけです。リンク先は10袋セットの商品です。

セブンプレミアムならもっと安い。
まあ、本当は自分で黒豆を煮ればいいのですけどね。

プレゼント

退職の記念品を贈ってくれた人に、お返しのプレゼントを送りました。

present1

なぜか、郵便局のお姉さんが、嬉しそうな顔をしていました。
君にあげるわけじゃないぞ。( ̄-  ̄; )

present2

中身は大したことないんですけどね。

present3

急に日本が魅力的になった訳ではなく

数日前の拾いもののツイートから。
確かに、まだ、日本が裕福だったころのセルフイメージってあるな。
どうりで、日本の観光地に外国人が溢れているわけですね。

昔、日本人がよそのアジアの国は物価が安いと思って観光に行っていたのと同じ感覚で、今、中国やアメリカやヨーロッパの人たちが日本は物価が安いと思って観光にやってくるということらしい。
急に日本が魅力的な観光地になったのではなく。

ここ15年で国際的に日本人は急速に貧しくなっているとのこと。
比較の例として、シリコンバレーでは、年収1500万円だけでは生活が苦しいそうです。アメリカのスタンフォード大学が、経済的に恵まれない学生を支援するため、家庭年収が12万5000ドル(約1500万円)未満の学生の授業料を無償にすると発表したというニュースがありました。
小耳に挟んだところによると、北京で就職すると、日本よりも給料がよいとのこと。

円安が進んでいることに警戒すべきなのでしょうね。
円安ということは、相対的な国力が落ちているということですから。円安だと株価が高くなって、日本人は大喜びなのだけど、でも、その株価が高い理由は、円が安いから日本株がお買い得になって、外国の機関投資家たちが買い漁っているからです。円安を利用して、おいしいところを持っていかれているという現実があるのですよね。

日本人は、皆、時間に追われ続け、高いストレスを持っている人が多い割には、貧乏になってしまっているようです。周りを見渡しても、老後が心配という人が多いし、非正規雇用も増えたし。

さて、困りましたね。 (´・_・` )
ギャラリー
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 人の歴史、街の歴史
  • 人の歴史、街の歴史
  • 人の歴史、街の歴史
  • ものすごく泣けるアニメの話
  • ものすごく泣けるアニメの話