リモコンの復活方法

むか~し、私が発見した方法ですが、非常に実用的なので、覚えておくとよいですよ。
TVなどのリモコンの電池が切れた時に、その場で復活させる方法です。

これまでの人生で、電池50本分ぐらいは得しているのではないかな?
とても簡単で、9割ぐらいの確率で成功します。

それは、いったん電池を外して、また入れるというだけの簡単な方法です。

冬の朝など、気温が低くなるこの時期、特に電池の起電力が落ちるため、リモコンが効かなくなりやすくなります。でも、いったん裏蓋をはずして、カチャと一瞬外して、カチャと元に戻せば、あら不思議、リモコンは何事もなかったかのように、また使えるようになります。最初の1回目なら1週間は持つよ。2回目以降は、だんだん期間が短くなって最後には使えなくなります(むろん、懐中電灯などのような大きなエネルギーを使うものは無理です)。

理由としては、体温や振動によって電池内部の化学反応が進むためではないかと思われます。
電気接点に生じている酸化が出し入れの摩擦によって取り除かれ、抵抗が少なくなるということも関係しているかも知れません。

数日前にTVのリモコンが切れ、この方法をやってみたので、書いてみました。
ぜひ、やってみてください。



空を見下ろしてみよう!

国際宇宙ステーション(ISS)からライブ配信されている地球の姿です。
気持ちが沈んだときには、たまには空を見上げるのではなく、見下ろしてみましょう!



若い頃、ライブ配信された地球の映像を壁掛けテレビで眺めるのが夢だったな。もう、いつの間にやら実現できる世の中になっているのが、不思議な気がします。

さまざまなタイムラプス映像もありますよ。こちらは、おじさん世代には懐かしい音楽でどうぞ(2曲目以降は、聴いたことがないと思うので特にお勧めですよ)。




この映像を2020年のオリンピック開会式で流すといいのに、という意見に賛成。こんなに美しい映像はなかなかありませんよ。泣けるぐらい美しい。



「作者近況」をブログに引っ越しました

「作者近況」のページを試しにブログに引っ越してみました。

なぜ、引っ越すのかというと、SEOに影響が出るからです。

私のサイトのメインコンテンツ
「死別の悲しみの癒しの広場」「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」は、
ここ10年くらい「悲しみ」や「死別」でgoogleなどのトップページにヒットしてしており、全盛期には「癒し」や「言葉」や「100」というビッグワードでさえもトップページにヒットしていたのです(ついでに書くと、「恨み」とか「赦し」とか「作者近況」も)。

でも、最近は、少しずつ順位が下がってきました。最近「悲しみ」でも3ページ目ぐらいになってしまい、悲しい(「癒し」なんてもう100位圏外です)。

その理由として、作者近況などにさまざまな趣味的なことを書くと、その分だけ専門性が薄れてしまうことが挙げられます。
例えば、美術展に行ってきましたなんていう違う分野の話を書くと、どうしてもクローラーに別な分野の用語が引っかかることになり、結果、「悲しみ」や「癒し」の検索順位が下がってしまうのです。

このため、テーマを考慮しなくてはいけなくなり、書きづらくなってしまったのです。実際、更新回数も減ってしまいました。ここなら、ああ、ズンドコベロンチョについて書きたい!と思ったら遠慮なく書けます。リンクを張ってつながっていても、基本、ドメインが違えば別サイト扱いになるわけですからね。

引っ越しをする二つ目の理由は、既存のページはPCユーザ用に作ってあったので、スマホユーザが不便だった点です。ブログなら自動的にスマホユーザ用のページを構築してくれますからね。

三つ目の理由は、どうしても純正HTMLのサイトだと、ブログに比べてSNSの連携が弱いので、訪問者数が伸びないのです。私はSNS苦手ということもあるのですが、やはり世界的なサイトを目ざそうと思ったら、SNSの連携はきちんと考えないといけない。

ということで、試しに、「作者近況」のページからブログに移行してみたわけです。


また、試行錯誤した結果、スタイルを変える可能性もありますが、とりあえずよろしくお願いいたします。

ギャラリー
  • 人の歴史、街の歴史
  • 人の歴史、街の歴史
  • 人の歴史、街の歴史
  • ものすごく泣けるアニメの話
  • ものすごく泣けるアニメの話
  • インドのカレー、日本の醤油と味噌
  • インドのカレー、日本の醤油と味噌
  • パソコンの動作が遅くなってきた場合の対処
  • 映画「君の名は。」の2回目を観て気づいたこと