マインドスキャンのタネあかし

昨年末の12/23に録画した番組をご飯を食べながら観ていました。
 これ→ 「ビートたけしの超常現象[秘]Xファイル」

毎年楽しみに観ているのですが、マインドスキャンのタネがわかってしまったので書いちゃう。
ティモンという若者が登場して、スマートフォンの暗証番号をその場でマインドスキャンして当てるという手品。
pic1

まず、三四郎の小宮さんが、誰にも見られないようにスタジオの片隅でこっそり紙片にスマホの暗証番号を書きます。誰にも番号を見せないまま紙片はしまわれます。
pic2

その後、小宮さんがティモンと両手を合わせてマインドスキャンされると、あら不思議、ティモンが小宮さんのスマホのロックをやすやすと解除して会場の皆は騒然、拍手喝采という手品です。

そのあと、大槻教授が自分のiPadの暗証番号を当ててみよと挑戦!ところが見事に暗証番号を当てられて返り討ちにあってしまったという・・・。

このマインドスキャンのタネはステージの構造にあります。結構大がかりなんです。
もちろん、TV朝日も全面的な協力者です。

次のシーンは小宮さんが最初に隠れてパスワードを書こうとしたシーンですが、この半球状のオブジェの裏側から頭を突っ込んでいるスタッフがいて、パスワードを覗き見ているのです。
pic3

スタジオの全体像を見てみましょう。隠れて書く場所が向かって左側にしかないように構成されています。隠れて書くように指示があったときに、進行の女性(中央)が仕掛けの場所に小宮さん(左端の青ジャケット)を誘導しています。
pic2

扉の付近をあらためて見てみましょう。
pic4

赤い丸で示したところに床起きライトが配置されています。青丸で示した半球状のオブジェに光を当てることで明暗差を作り、裏側からは覗き見れるけど、ステージ側からはそれがわからないようにしています。床起きライトのもう一つの重要な役割は、隠れてパスワードを書く位置を限定させる役割を果たしていることです。

ところが、次の挑戦者である大槻教授は、警戒心マックスで、覗き窓である半球状のオブジェを通り過ぎてしまいます。普段、ここまで大胆に舞台で歩き回る人はいないんでしょうね。
pic5

焦ったティモンは、大槻教授にしゃがむようにうながします。
pic6

でも、大槻教授は無視(笑)
左側にいるカメラマンは、奥まで進んでこないように配置されていたんでしょうけどね・・・。

覗き見ることに失敗したティモンはどうしたかというと、古典的なトリックで紙片を取り換えて見事に成功させていました。詳細は割愛しますが、おそらくボビーが協力者です。

もともと何重にも失敗したときのタネや協力者が仕込んであるはずなので、おそらく、覗き穴は扉の横棒の下側の隙間やレンガのつなぎ目にも設けられていただろうし、ペン先にもカメラがついていただろうし(大槻教授は自分のペンを使った)、テーブルに置いた紙片を狙う望遠カメラもあったかも知れません。大がかりな工作チームが裏で動いていたことは間違いありません。

私がみるところ、ぎりぎりのところで成功させたという感じでした。よーく録画したものを見てみると手品師のモラルに触れるかどうかのきわどい編集がされています。そこをカットしてしまったら、手品として成立しないというシーンがほんの一瞬しか映らないように編集されているのです。また、編集点を巧妙につないで一連のシーンに見せかけるとかありますから、よほど苦労したのでしょう。流して観るかぎりは、簡単にパスワードを当てているように見えるでしょうが、ティモンは内心汗だくだったと思います。

さて、大槻教授は、もし当てられたら「早稲田大学名誉教授の称号を返上します!」と事前に宣言していたものだから、苦しい立場に立ってしまい、これは手品であり、1か月間(時間をもらって)、手品のトリックを見破ってそれをブログで発表しますと言っていました。

それにしても、結構みなさんマインドスキャンという行為が本当にできると思い込んでいる人が多くてビックリ。
あれ、みんな手品ですよ。
あ、間違えた。本当にスピリチュアルな分野で心を読める人もたまにいると思いますが、目の動きとか、筋肉の微細な動きを当てると主張する人たちはマインドスキャンという技術が世の中にあると思い込ませているだけですからね。Mr.マリックさんが、自分の手品のことを「超魔術」とか「ハンドパワー」とか呼ぶのと一緒です。

ほかにも、芦田真菜ちゃんが背中側でコインをどっちに握るか当てさせていたけど、あれは背中側に座っている人の中に協力者がいればいいだけの簡単な手品です。
(あとは、途中、昼寝をしてしまったのでまだ観ていない)

ところで、大槻教授はもう81歳なんですね。お年寄りをだましちゃいけないよ。うん。



「君の名は。」をTVで観ましたー。

「君の名は。」をすでに映画館で2回観て、さらに録画しているのに、リアルタイムでTVでも観てしまいました(忙しいのに・・・)。
なんとなく、みんな観ているときに、観ていたいのですよね。(^_^;)

さらに、観終わってからは、Twitterでみんなの感想を眺めていました。

結構、驚いた情報は、奥寺先輩が、司くんと結婚していたのだという話。
(司くんというのは、瀧くんとつるんでいた友人。瀧くんにくっついて奥寺先輩と飛騨に一緒に行った男の子)
就職活動の成果を報告しあっている場面で、司くんの左手の薬指に指輪が描かれていることに気づいた人が、新海誠監督に質問したところ、そういう設定になっているという回答があったそうなんですよ。

で、次のつぶやきになるほどと納得してしまったんですよね。

深いな。二人とも好きな瀧くんにフラれて寂しかったんだな・・・。

あと、これはと思った情報は、主題歌の「前前前世」が「全然前世関係ないやん」というつっこみに対して、瀧くんの「前前前世」とは、三作前の「秒速5センチメートル」の貴樹くんなんじゃないかという説。

いろいろな人の鋭い意見があって、楽しいな。w( ̄▽ ̄;)w



映画「ブレードランナー 2049」の感想

映画「ブレードランナー 2049」を観てきました。
期待以上の出来で、観終わってからというものずっと余韻に浸っています。
切なく、胸を打つ物語です。

美しい映像と心を揺さぶる音楽、そして何よりもエンターテイメント性を保ちながらも、存在、命というものを深く考えさせられる哲学的なストーリーに衝撃を受けました。

前作から一貫したメインテーマがさらに深く掘り下げられており、見事な脚本というしかありません。
前作は伝説的SF映画といわれるほどの名作ですが、それを見事に超えています。



人でもなく名前もない主人公K(ライアン・ゴズリング)は、不確かな自己のアイデンティティを抱えながらも、ロス市警(LAPD)のブレードランナーとして、同胞かも知れない人造人間レプリカントと闘い続け、心の隙間をホログラムAIの恋人ジョイ(アナ・デ・アルマス)との恋愛で埋め合わせる日々を過ごしています。
皮肉なことにホログラムAIであるジョイがこの物語で最も良心的なキャラクターで、前作でのヒロインレイチェルと同じ悲哀を湛えています。---人ではないこの自分はいったい何なのか。彼女の切なさと健気さには涙を誘われます。

主人公Kがある発見をし、前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)を探し求めることから物語は動き始め、二転、三転、意外な展開を見せます。
---存在、命とはなにか、このメインテーマを深く掘り下げながらも、人の残酷さ、醜さ、そして、美しさと気高さをないまぜにしながら、二人の邂逅(かいこう)は人類の新しい歴史の展開をも予感させる高みに突き抜けます。

さまざまなものを失いながらも闘い続ける主人公は、切なく、悲しいものにさえ映ります。

これは守るべきものを見つけて、闘い続ける男の物語と、守るべきものを愛し続ける女の物語ともいえます。報われること、そして、報われないことがあります。
報われない哀しみに出遭いながらも、それでも日々闘い続けることが人生なのでしょうか。

     ※     ※     ※

この映画に通底する昏さ(くらさ)は、人類の愚かさと、人の存在の危うさにあります。
猥雑で退廃した世界---それでもその世界をスピナーで飛び回るときには都市の灯がこの上なく美しいものとなります。前作と同様に、今作でもスピナーで未来世界を飛び回るシーンには心を奪われます。同様に、人の日々の悲しみや苦しみの奮闘も、俯瞰(ふかん)すれば美しいものに見えるのかも知れませんね。

     ※     ※     ※

この物語が深い余韻を残すのは、想像を広げる余地がふんだんにあるためでしょう。

特に、前作のヒロインレイチェル(ショーン・ヤング)は本作では、ほぼ登場しないのに、彼女があれからどのような人生を過ごしたのだろうかとか、そのときにどんな喜びや悲しみを感じたのだろうかとか、これからどのように思われていくのだろうかとか、想像は広がっていきます。前作からのファンは、レイチェルに対する愛おしさが止められないでしょう。

哲学的で難しいテーマを内包しているので、万人受けする映画ではありません。残酷なシーンも多くあります。
スターウォーズのように敵をやっつけて万歳という明るさと単純さはないのです。

でも、少しでも興味があったらぜひ観てみてください。
映像の美しさだけでも観る価値はありますし、ヒロインのジョイ(アナ・デ・アルマス)の可愛らしいキュートさを愛でる(めでる)だけでも価値はありますよ。

     ※     ※     ※

なお、かなり長い映画(163分)ですので、事前にトイレを済ませて水分は控えめにしておくことは大切です。あと、できれば前作「ブレードランナー」を観ておきましょう。物語として、かなり密接なつながりがあります。
そして、前作「ブレードランナー」と今作「ブレードランナー 2049」の間を補完する短編物語が3つ作られていますので、これも観ておくことをお勧めします。

3つの短編はオフィシャルサイトで無料公開されていますが、場所がわかりにくいので、ここにも貼っておきますね。

「2022:ブラックアウト 」(15:43)


「2036:ネクサス・ドーン」(8:00)


「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」(7:17)




ギャラリー
  • マインドスキャンのタネあかし
  • マインドスキャンのタネあかし
  • マインドスキャンのタネあかし
  • マインドスキャンのタネあかし
  • マインドスキャンのタネあかし
  • マインドスキャンのタネあかし
  • マインドスキャンのタネあかし
  • 映画「ブレードランナー 2049」の感想
  • 映画「ブレードランナー 2049」の感想