映画「ブレードランナー 2049」の感想

映画「ブレードランナー 2049」を観てきました。
期待以上の出来で、観終わってからというものずっと余韻に浸っています。
切なく、胸を打つ物語です。

美しい映像と心を揺さぶる音楽、そして何よりもエンターテイメント性を保ちながらも、存在、命というものを深く考えさせられる哲学的なストーリーに衝撃を受けました。

前作から一貫したメインテーマがさらに深く掘り下げられており、見事な脚本というしかありません。
前作は伝説的SF映画といわれるほどの名作ですが、それを見事に超えています。



人でもなく名前もない主人公K(ライアン・ゴズリング)は、不確かな自己のアイデンティティを抱えながらも、ロス市警(LAPD)のブレードランナーとして、同胞かも知れない人造人間レプリカントと闘い続け、心の隙間をホログラムAIの恋人ジョイ(アナ・デ・アルマス)との恋愛で埋め合わせる日々を過ごしています。
皮肉なことにホログラムAIであるジョイがこの物語で最も良心的なキャラクターで、前作でのヒロインレイチェルと同じ悲哀を湛えています。---人ではないこの自分はいったい何なのか。彼女の切なさと健気さには涙を誘われます。

主人公Kがある発見をし、前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)を探し求めることから物語は動き始め、二転、三転、意外な展開を見せます。
---存在、命とはなにか、このメインテーマを深く掘り下げながらも、人の残酷さ、醜さ、そして、美しさと気高さをないまぜにしながら、二人の邂逅(かいこう)は人類の新しい歴史の展開をも予感させる高みに突き抜けます。

さまざまなものを失いながらも闘い続ける主人公は、切なく、悲しいものにさえ映ります。
---意識とは記憶とはなにか、自分は何ものなのか。
主人公Kの姿を見ながら、人間とは何か、愛とは何かを考えさせられます。

これは守るべきものを見つけて、闘い続ける男の物語と、守るべきものを愛し続ける女の物語ともいえます。報われること、そして、報われないことがあります。
報われない哀しみに出遭いながらも、それでも日々闘い続けることが人生なのでしょうか。

     ※     ※     ※

この映画に通底する昏さ(くらさ)は、人類の愚かさと、人の存在の危うさにあります。
猥雑で退廃した世界---それでもその世界をスピナーで飛び回るときには都市の灯がこの上なく美しいものとなります。前作と同様に、今作でもスピナーで未来世界を飛び回るシーンには心を奪われます。同様に、人の日々の悲しみや苦しみの奮闘も、俯瞰(ふかん)すれば美しいものに見えるのかも知れませんね。

     ※     ※     ※

この物語が深い余韻を残すのは、想像を広げる余地がふんだんにあるためでしょう。

特に、前作のヒロインレイチェル(ショーン・ヤング)は本作では、ほぼ登場しないのに、彼女があれからどのような人生を過ごしたのだろうかとか、そのときにどんな喜びや悲しみを感じたのだろうかとか、これからどのように思われていくのだろうかとか、想像は広がっていきます。前作からのファンは、レイチェルに対する愛おしさが止められないでしょう。

哲学的で難しいテーマを内包しているので、万人受けする映画ではありません。残酷なシーンも多くあります。
スターウォーズのように敵をやっつけて万歳という明るさと単純さはないのです。

でも、少しでも興味があったらぜひ観てみてください。
映像の美しさだけでも観る価値はありますし、ヒロインのジョイ(アナ・デ・アルマス)の可愛らしいキュートさを愛でる(めでる)だけでも価値はありますよ。

     ※     ※     ※

なお、かなり長い映画(163分)ですので、事前にトイレを済ませて水分は控えめにしておくことは大切です。あと、できれば前作「ブレードランナー」を観ておきましょう。物語として、かなり密接なつながりがあります。
そして、前作「ブレードランナー」と今作「ブレードランナー 2049」の間を補完する短編物語が3つ作られていますので、これも観ておくことをお勧めします。

3つの短編はオフィシャルサイトで無料公開されていますが、場所がわかりにくいので、ここにも貼っておきますね。

「2022:ブラックアウト 」(15:43)


「2036:ネクサス・ドーン」(8:00)


「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」(7:17)




2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)

少し前の話だけど、TVをみていたら、IL VOLO(イル・ヴォーロ)が11月、12月と来日公演するというCMをみてビックリ!

え、TVでCMをするほど日本で有名だったんだ・・・?

普段、イタリアのプログレッシブロックとか、カンタウトーレとか、かなりマイナーな分野ばかり聴いているせいか、そもそも自分の好きなグループがTVで公演のCMなんてと、たまげてしまいました。Σ(・ω・ノ)ノ

さて、音楽好きなら、このIL VOLO(イル・ヴォーロ)、一度は聴いてみてほしいグループです。

彼らは、自分たちの音楽を「ポペラ」と呼んでいますが、これは「ポップス」と「オペラ」の融合という意味です(プログレっぽいですね)。

壮大でエモーショナルで、かつ甘い旋律です。
なかなか、日本では聴く機会がないような音楽です。

オペラの本格的な醍醐味とポップスの口当たりの良さが、ちょうどウイスキーの水割りのようで、聴いていて気持ちよく酔えます。
それぞれのジャンルの良いところどりをしていて、胸に迫るドラマチックさと、キャッチーな美しい旋律が味わえるのです。

とりあえず、お勧めの2曲、聴いてみてください。


この曲は、2015のサンレモ音楽祭で優勝し、ユーロビジョン2015イタリア代表の座を獲得した名曲です。ドラマチックで壮大で、聴いたあとに胸に残る充実感が病みつきになります。

映像の方は、相当カッコよく始まるのですが、なぜか彼らが人気映画3本の真似をしていて、よく観るとなんだか微妙なミュージックビデオなんですが・・・。



この曲も好きな曲です。タイトルを訳すと「愛の移ろい」みたいな感じかな?このビデオも前後に彼らが老人に扮して何やら妙なお芝居をしています(最初の30秒ほどは貼るときに飛ばしてあります)。人生における愛の移ろいを表現しているのでしょうね。

来日公演のチケットはこちらで売っています。お勧め!
http://www.tbs.co.jp/event/IL_VOLO/

あ、いま読んで知ったけど、「羽生結弦、プルシェンコが晴れの舞台で彼らの曲を使用!
だそうです。


ところで、イタリアンプログレファンならご存知だと思うのですが(←そんなマイナーな分野のファンそうそういない)、イタリアにはもう一組、同名のIL VOLO(イル・ヴォーロ)というグループがいるのです。70年代に活躍していたグループです。

私はたまたま両方のグループが好きなので、70年代のIL VOLOの解説をしておきます。

ツインギター、ツイン鍵盤という6人組で、2枚のアルバムを出しただけで解散。全体的にジャジーな(ジャズっぽい)音の作りになっており、時にメロウで繊細なメロディーを聴かせたかと思うと、激しいリズムでロックっぽくなったりもします。ちょっと民族音楽っぽいテイストもあるかな?
日本では、キングレコードのユーロピアン・ロックコレクションで次の動画の背景に使われている2枚のジャケットのアルバムがリリースされています。


それぞれのアルバムから好きな2曲を置いておきます。こちらは、万人受けはしないと思いますが、一応。


この曲は、ささやくような繊細なメロディーから始まり、いつの間にかイタリアっぽい熱いリズムに変わっていきます。



この曲は、どこまでも高く飛翔するような熱い展開が愉しめます。しっとり静かに始まるものの、後半は転調して昇りつめていく感じがたまりません。


人の歴史、街の歴史

先日、横浜開港資料館に行ってきました。

この建物の中庭に「たまくす」と呼ばれる立派な木があるのですが、
tamakusu

この木こそ、「ペリー提督・横浜上陸の図」の右側に描かれている木だといわれています。
perry

この絵は、加藤諒さんが出演しているアフラックのCMにも出てきますよね。


横浜開港資料館の展示を見るとよくわかるのですが、ほんとうに小さな漁村に過ぎなかった横浜村は、ペリーの来航を機に一気に国際的な港湾都市として飛躍的な発展を遂げていくのです。

同じこの空間に過去、加藤諒さんが立っていたと思うと・・・違う!(汗)・・・ペリーさんが立っていたのだと思うと、時間の流れの不思議さをつくづく感じます。

加藤諒さんの不老不死はフィクションですが、この「たまくす」の木は、実際にその時代より前から、ずっと命をつないできて、横浜の歴史を眺め続けてきたわけです。

慶応2年の大火や大正12年の関東大震災に遭うなどの歴史を経ながらも生き延びてきたこの木は、人の人生の短さと、人の世が代々継がれ街が変貌していくことの不思議さを一体どう見ているのでしょうね。
ギャラリー
  • 映画「ブレードランナー 2049」の感想
  • 映画「ブレードランナー 2049」の感想
  • 映画「ブレードランナー 2049」の感想
  • 映画「ブレードランナー 2049」の感想
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 2組のIL VOLO(イル・ヴォーロ)
  • 人の歴史、街の歴史